神使を描く・・・

ある日 夢の中で見た鮮明な世界

瑠璃色のまるで壮大なうずまき貝殻の中のような

螺旋階段を母の面影を追いかけるように駆け上がった

突然 神社の祭りが終わったあとの暗い屋台裏のようなところに

閉ざされた門が出てきて 若い頃の母が笑顔で立っていた 

門の向こうには 不思議な動物たちがたくさん手招きしてる

 母とよく散歩した神社の狛犬や透きとおった龍 鼻が長いけど象じゃない生きもの 

人の顔した大きな蛾 門からはみ出る勢い

見たことのない生きものがたくさんいる

 わたしはいつのまに無邪気な子どもに戻っていて 

恐る恐る母の後ろに隠れながらも 手を伸ばして動物たちをさわろうと大はしゃぎ…

まるで 夏休みのお祭りに連れて来てもらった 懐かしい夢の記憶


 『キミは恐くないの?』 突然 門番のようなおじさんに声をかけられ

びっくり 母と目を合わせ 大笑いした・・・

 夢の中で見た不思議な動物たちが 

この世に存在しない生き物 神獣・神の使いとされる神使だったとしたならば 

『僕たちを描いてもいいよ』って許可をもらえたのかな


 魂が回り巡って またいつか大切な人に会えますように

それまで一緒に寄り添ってくれる存在が真湖の神使でありますように

 母の名から 画家名を【真湖】とし

心で語り合える真実の動物たち 

湖のように深くお花のような母の優しさを忘れないように


   

真湖 MACO


東京都出身 女子美術大学短期大学卒業


*玄光社 イラストレーション【THEチョイス】123回村上隆審査入選

*松山庭園美術館 【猫展】扇面芸術賞受賞

*THE BODY SHOP 【絶滅危惧種チャリティーコンペ】最優秀賞受賞

*2017よこはまの動物園【動物画コンクール】(公財)緑の協会理事長賞受賞

  九十九里海岸で出会ったうずまき貝殻